ハリー・ポッター最新作2006/01/03 21:59

 ハリー・ポッターの最新作を、「ハリー・ポッターコンボ」という、ポップコーンと3Dのイラスト入りのカップのセットにコーラを入れてもらって、飲み食いしながら見た。

 感想としては、この映画の中の子供達はまだ可愛かった・・・ということだろうか。
テレビのインタビューなどに出てくる彼らは、もう少し顔も骨ばってきていたので、実はちょっと心配していたのだ。

 また予告で、ハリーがダンスパーティーの申し込みをするシーンなどがあって、もしやお付き合いみたいな事が始まるのか・・・とそのあたりも気になっていたのだが。
ふたを開けてみたら、まだ主要な登場人物たちは、十分子供っぽくて、ちょっとほっとしてしまった。

 人生では、意外な人物が、意外な顔を見せることがある。
それは、例えば普段運動が苦手そうな体型の女子が、冬のマラソン大会で、いきなり頭角を現す・・・といった類のことだという気がするんだけれど、どうでしょうか。
今回も、意外な男子に意外な才能が・・・というところが、ちょっと見ものかな?

 映画を見終わって、ハーマイオニーは、結局ハリーには友情を、ロンには無意識に恋愛感情を持っていて、結局ロンとくっつくのでは・・・と予測を立てたところ、家族に
「そんなことはどうでもいいことだ!」と一喝されちゃったよ、とほほ・・・。
そうかなぁ、私はちょっと気になるところなんだけれどね。

 ハリー・ポッターシリーズは、今のところ映画は全部劇場で見ている。
見終わってから原作を読む・・・というパターン。原書で読むので、遅々として進まず・・・であるが、画像を見ていると、難しい単語をいちいち辞書で引かないでも、なんとか読める。それとまぁ、子供でも読む本だからね。

 まだ原作は2冊読み終えたところで、3冊目の途中なんだけれど、それでも映画は原作をほとんどそのまま映像化しているということが分かる。

 新作のストーリーは、まだ見ていない人のためにはぶくけれど、一応チャンチャン・・・と映画は無事終わっているものの、今後の暗いというのか、悪対善といった戦いが予想できる内容であった。

 原作はどんどん出ているようだが、それでも年に一冊くらいのペースなんだろうし、それが出てから映像化・・・というのだから、これからハリーは何人の子役がつとめることになるんだろうか。(それとも今の子で無理やり続けるのか!?)

 思えば、「スターウォーズ」という映画は、まだ私が子供の頃に、お父ちゃんにつれられて、ローカルな映画館できょうだいと見たんだけれど、まさか自分が、いい大人になってから、全部が完結するとは思いもよらなかったもんなー。
昨年、完結編を劇場で見たわけだが、内容の暗さはともかくとして、これで一連の映画を全部見終えたのね・・・という達成感はあったかも。

 この完結編を見られずに、人生を志半ばで終えてしまった人がいるのも知っているので、自分は全部見られたんだ・・・というだけでも、また別の感慨深いものがあった。

 ハリー・ポッターも、そういう意味では第一作の映画公開当初の子供達が、大人になった頃じゃないと完結しないのかも。みんなずっとついていけるのかな・・・。

まぁ、すでに大人の私は、これからもずっとついていくけれど、せめて私が映画館に足が運べる、元気なうちに完結してね!