シャッターチャンス2020/04/13 11:41

春になって、桜や藤の花などと一緒に犬の撮影に張り切ってのぞむチャンスが増えてきた。

ばっちりのロケーション、いい感じの立ち位置、犬の顔にズームを当て、おやつも手に持ち、さてという時に、犬がどんよりした顔になってしまうことがある。

おやつを手に持っているだけで長く時間がかかるのもNG。
見せるだけではなくて、一つくらいは口に入れてやってから、ささっと態勢を立て直して撮るなど、苦労は尽きない。

結局、ロケーションもさることながら、やっぱり犬の表情が一番。
短時間でさっと、おやつは無駄にでもやる。
このポイントを胸に、四苦八苦の飼い主。

はたから見てると馬鹿みたいに見えるんだろうけど、当事者は必死。
今年の春はこれ一回きりしかないからなぇ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://korochan.asablo.jp/blog/2020/04/13/9234913/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。