動物病院にて2011/08/23 22:30

動物病院にて
またまたアレルギーの季節がきたのか、犬が足裏をなめてなめて、肉球まわりの毛が抜けて、ピンク色の地肌が出てしまったので、動物病院に。

ついでに、フィラリアの予防薬と、のみ&ダニの予防薬ももらってくることに。

7時までの診療で、15分前についたので最後の患者だったのだが、待っていたねこちゃんの飼い主の若い女性が貧血で具合が悪くなり、とうとう待合室のベンチに横になってしまった。

動物病院の先生は夫婦でやっているのだが、奥さんの方が出てきて、聴診器を当てて(そこでちょっと周囲に笑いが出た)、「足も延ばした方がいいですよ」と。

そうしたら、徐々に顔色がよくなってきた。

その女性は、お母さんと一緒に猫を連れてきていたのだが、お母さんも、「動物病院で人間が具合悪くなるなんて」と恐縮していた。

うちの犬も何かおかしいな~という感じで、遠慮なくまじまじとその女性を観察しているのが妙におかしかった。

うちの犬の方は、飲み薬を10包もらい、ひどいときに飲ませることと、あとは以前もらっていた塗り薬にかゆみ止めも入っているので、それを患部に塗ること。ただし、塗ると気にしてなめるから、食事の前などに塗るようにと言われた。

対処療法で上手にやり過ごすしかない模様。