ぼんやり過ごす2006/10/01 06:54

 最近、色々と私の周囲の環境が変わって忙しくなったのだが、どうも、今までよりも、自分がぼんやりと普段、過ごしているような気がしてきた。

 先日も遠方に住む家族から電話があり、
「今日は何をしていたの」と聞かれたのだが、
「さて、何をしていたのやら・・・」という感じで、本を読んだり、雑誌を見たり、新聞をパラパラ読んだり、インターネットをぼんやり眺めたり・・・と言う感じで、
「これをやりましたーーー!」と、力いっぱい堂々といばって言える事項が何一つなかったのには驚いた。

 実際には、色々やらねばならないこともあるし、お稽古事の宿題も山とあるのだが、格好良く言えば、どうも気分が乗らない・・・というやつなのである。

 HPとかも、あんなに色々手をかけて、夏の旅行記を完成させたのが嘘のように、今はそれにちょびちょびと、手を加えている程度。

 以前だったら、「これはいかん!」と必死になるのだけれど、何故か最近の私は、
「何とかなるでしょー」って感じで、のんびり構えているし、就寝前の日記に、あまりにも特筆事項がなくて、5行程度の日記が4行ぐらいになっても、何の罪の意識も焦りもなく、ま、いいか・・・てなもんである。

 今こういうスローな生活っていうのが見直されてるんだよな。
もしかして、これって、最近のはやりなのかしらん。

 色々考えてみるが、やはりどうも、今頃になって夏の疲れが出ているという気もしている。
むろん何もしないと言っても、一応、家族が困らない程度の最低限の家事はこなしているわけなのだが、いつもの私だったら、家事以外の製作等に、もっともっと力を入れているのに・・・。

 この前、やはり絵を描く趣味の人が、
「絵とかは、天からインスピレーションが降りてこないと、描けないよなぁ」と、私に同意を求めてきた。
私の場合、このブログのイラストなんかは、天から降りてくるようなすごいものではないので、なんとも答えようがなかったのだが・・・。

 でも、もう1ヶ月以上ぐうたらしているので、そろそろこういう生活にも飽きてくる気配も感じられるのだが、どうだろうか。

 いい気候になったらやろうと思い、寒くなってきたら寒いと文句を言い、そうこうするうちに、季節は徐々に変わっていっている。

 なんか妙にしみじみ・・・。
まぁ、のんびりいくのも、たまにはいいかも。